仮囲い工事

■仮囲い工事の目的

仮囲い工事とは、工事現場などの周囲を工事期間中に囲う工事のこと。
現場・資材置き場などの区画を明確にするのはもちろん、関係者以外の立入禁止や工事に伴う粉塵の飛散防止などのために行われます。

また住宅街や市街地においては美観、通行人の安全性が要求されるため、仮囲い工事は工事現場などに必須の工事でしょう。

材料は鋼製板・波鉄板・合板・有刺鉄線などが多く、安全鋼板・フラット鋼板・樹脂製のパネルなどと組み合わせて、状況に応じた仮囲いを行います。

当社は設置基準を遵守し、転倒・崩壊することのないよう、安全性に富んだ仮囲い工事をご提供いたしますので、安心してご相談ください。
もちろん大規模・小規模は問いません。お客様のご要望に合わせた工事をお届けいたします。

【事務所】04-2902-6188
【警備部】04-2941-5088
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【受付時間】8:30~17:30(日曜・祝日定休)
【対応エリア】埼玉県狭山市を中心に関東全域対応

一覧ページに戻る